2020年の東京五輪に向けて経済効果を期待できる4つの分野「これから7年、先読み!日本経済」

career

2020年の東京五輪に向けて、大きな経済効果を期待できる4つの分野は何でしょうか?
「成長」から「成熟」へ向かう日本社会への変化についても考えてみましょう。

「ミスター円」の異名を誇る経済学専門家の榊原英資氏が筆者の「これから7年、先読み!日本経済」は、通貨の視点で2020年までの日本経済の動きを説明しています。

<本書構成>

  1. これから7年はこうなる!
  2. 「アベノミクス」でこうなる!
  3. 「消費税8%」でこうなる!
  4. 「東京オリンピック」でこうなる!
  5. 「アメリカ・ヨーロッパ経済」はこうなる!
  6. 「中国・インド経済」はこうなる!
  7. これから7年を勝ち残る生き方は、これだ!

 

どの内容も非常にも詳細の経済データを交えながら、分かりやすく説明されています。この第4章「東京オリンピックでこうなる!」の中で示されている、オリンピックで期待できる経済効果の分野は下記の4つです。

①インフラ(商業ビル・マンション建設関連)
②サービス(観光客増加に伴うホテル・飲食店・土産物店・交通輸送)
③関連グッズ(オリンピック関連グッズ・スポーツ用品・スポーツ関連書籍&ビデオ・衣料品・健康グッズ)
④新技術(画期的な新製品、省エネ技術)

 

また本書の中では、東京五輪以降の日本経済のあり方も踏まえ、2020年に向けた生き方の一つに「成長から成熟へメンタリティを変えよう」というメッセージを呼びかけています。

2020年という日本の契機に向けて、これまで高い経済成長を優先的にしていた日本社会の考え方・生き方を変えていくことが私たち日本人に求められています。

 

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?