オルタナSとの朝活コラボ企画「2020年の日本」を考える

スクリーンショット(2014-09-02 3.57.26 PM)

9/4(木) AM7:30@渋谷で「2020年の日本」をテーマに朝活をします。
今回は、若者による社会変革を応援するソーシャルメディアオルタナS」さんとのコラボ企画です。

「2020年の日本」がどう変化していくか、どのように変化させたいかをテーマにして、参加者同士で対話しながら考えを深めていきます。

  • 時間:9/4(木) AM7:30-8:30(途中退出自由)
  • 場所:JR渋谷駅近くのカフェ
  • 参加費:無料(各自の朝食・カフェ代のみ)
  • ファシリテーター:MAKE2020 児島
  • 参加人数:8名まで
  • 参加方法:お申込みを希望の方は問い合わせフォームから、「氏名」「メールアドレス」と「朝活参加希望」の旨とを記入してご連絡ください。

気軽に対話できる場にしたいと考えていますので、もし少しでもご興味ある方は気軽にご連絡ください。ご参加を心よりお待ちしております。

ライターから一言

レポーター_児島

私自身、朝活を通じて参加者同士で対話をすることで、新しい発想や気づきを得る事ができました。

朝一番から創造的な考え方になれるので、朝活を行った日は一日中前向きに活動することができますよ。大変なのは、少し早起きするだけです(笑)

皆さんと朝活でお会いして、お話できるのを楽しみにしています!

 

 

[追記]朝活での対話の共有

朝活紙

今回の朝活では、下記の3つのテーマで対話を行いました。

1. 2020年までに起こる日本の変化
2. 理想的な2020年の日本社会のありかた
3. 2020年に向けて、2014年の今できること

 

1. 2020年までに起こる日本の変化

  • 「SNSなどでネット上での接点は多くなるが、ますます現実世界の接触は減る」
  • 「コミュニティやイベントなど、現実世界での接触の場が多様化する」
  • 「今よりも少しずつ外国人が増え、日本の国際化が進む」
  • 「労働市場の多様化が進む。流通やサービスなど人が必要になる労働が増える。」
  • 「今のような24時間営業しているコンビニやお店は成り立たなくなる」

今でもFacebookなどのSNSが普及していく中で、今後はますます現実世界で人と接触して繋がりをつくれる「イベント」「コミュニティ」が多くなるだろう、という話題が盛り上がりました。

2. 理想的な2020年の日本社会のありかた

  • 「自分の居場所(フルサト)を複数持てるようになる」
  • 「家族や会社の縦の繋がり、学校の友人などの横の繋がり、に加えて個人同士が多様に繋がることができる」
  • 「例えばマイルドヤンキー的な地域コミュニティのように、自分の合うコミュニティを自由に選ぶことができる」
  • 「画一的な生き方を求める圧迫感が和らぎ、多様な生き方が受け入れられる」
  • 「人や社会とつながる仕組み、方法が普及していく」

今回の朝活では、2020年の日本では「人やコミュニティと多様なつながりを持てる」という事が共通のテーマとなりました。

3. 2020年に向けて、2014年の今できること

  • 「例えばシェアハウスでも言えるが、人やコミュニティが繋がることで生まれるトラブルを減らす仕組みづくりをすること。そのコミュニティづくりのノウハウを共有すること」
  • 「パラレルキャリアなど、多様な生き方ができることを広めること」
  • 「考え方の違う人がいても、なぜ考え方が違うかよく聞いて理解しようとすること」
  • 「会社員でありながら、他のコミュニティの世界と触れ合う機会を持つこと。会社もそれを認めるような仕組みづくりをすること」
  • 「自分が望む社会になるように、ます自分が実践すること」

今回の「人やコミュニティと多様なつながりを持てる」社会にするテーマを達成するためには、ます自分自身で実践し、上手くいく・失敗を減らす仕組みづくりを経験して、そのノウハウを広く共有すること、と言えるでしょう。

 

まとめ

今回集まった朝活の参加者の望む2020年のありかたは、「人やコミュニティと多様なつながりを持てる社会」というテーマになりましたが、集まる参加者によって毎回異なるテーマになると考えています。

私自身、朝活で対話することで、自分自身が持っていなかった考えや知識を知り、新しい考え方の視点を得る事ができました。 今後も定期的に2020年(未来)をテーマにした朝活を実施しますので、参加希望者はお問い合わせからご連絡ください。

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?