会社員とNPO法人で2つの軸を持って働く「未来が変わる働き方」

notebook-405755_1280

会社員として働きながら、社会に貢献する活動も両立させる事はできるでしょうか?
「本業」の会社員と、「パートタイム」のNPO法人という2つの軸を持った働き方を紹介します。

 

会社員として仕事を持ちながらNPO法人「Living in Peace(LIP)」の代表も務める慎泰俊氏が著者の「未来が変わる働き方」では、2つの軸を持って働く方法について説明しています。

<本書構成>

  1. 本業とパートタイムの二軸で働く
  2. アクションを思考する
  3. アクションを選択する
  4. パートタイム組織でアクションを起こす
  5. 時間をつくる
  6. 仲間をつくる
  7. 組織をつくる

本書の中でも紹介していますが、自分が情熱を注げるテーマを見つけ、1人ずつ仲間を集い、少しずつ組織化して活動を広げていく事を薦めています。

 

LIPでは関係者・コアメンバーに下記の行動指針で活動することを明確に打ち出しており、「自分たちが何を大事にするか」を明文化して共有することも非常に重要になります。

<LIP行動指針>

  • 感謝の気持ちを持つこと
  • 他社に共感する気持ちを持つこと
  • プロアクティブであること

<LIPコアメンバー行動指針>

  • 多様性を尊重すること
  • 謙虚であること
  • 大志を持つこと
  • オープンであること
  • 前向きであること
  • 仕事に責任を持つこと
  • 本業・学業を大切にすること

会社員でありながらも、2つめの軸を持って社会貢献している人は数多くいます。自分の興味ある活動に関わることで、新しい人や世界と繋がり、日々をより豊かに過ごすことができるようになるでしょう。

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?