ものづくり革命の2025年までの普及予測

revo

ものづくり革命は今後どのように普及するでしょうか?

いち個人が3Dプリンタなどを活用して、誰でも「メーカー」になれる未来が間近に迫っています。

 

ハードウェア設計プラットフォームの「Upverter」は、ものづくり革命は2025年までに下記のように普及していくと予測しています。

  •  2013年時点では、まだ流行に敏感なアーリーアダプターが採用している段階
  • 2014年には、一晩で洗練されたプロダクトをつくることが可能になる
  • 2016年には、オンデマンドでスケーラブルな製造が可能になる
  • 2019年には、予約販売が主流になり、有力な予約販売のサービス が登場する
  • 2020年には、インターネット接続機器(IoT)は800億個以上になる(世界人口の約10倍)
  • 2025年には、Appleのような会社が100社以上生まれる

 

さらに、ものづくり革命の各分野毎のトレンドについては、下記の予測をまとめています。

  • いまトレンドになっている予防医療分野に関しては2017年頃まで続き、2019年頃から本格的な医療分野のトレンドが始まる
  • ドローン(無人航空機)や物流に関しては2021年頃までトレンドが続く
  • エネルギーや輸送に関しては2023年頃までトレンドが続く
  • 農業に関しては2018年頃からトレンドが始まる

 

以前紹介した「マッキンゼーが予測する2025年までに世界を変える12の破壊的技術」の記事の中で紹介したように、3Dプリンティングは2025年には20-60兆円規模の影響を与える破壊的技術です。

ものづくり革命については最近話題になることも多いですが、今はまだ普及の序盤の時期にすぎず、これから本格的に社会に浸透していくことは間違いないでしょう。

ものづくり革命を活用してどんな未来をつくることができるか、想像するだけでワクワクしませんか?

 

■MAKE2020のメンバー募集

MAKE2020は誰しもが2020年という近い未来へ「希望」を抱き、日々を過ごせる社会を実現したいと考えています。そのために、多くのメンバーが協力し合ってプロジェクトをサポートすることが必要です。

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへの登録を是非お願いします。

グループページを見る

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?