若い世代と古い世代が対立する未来予測「公平さをめぐる世代間の争い」

世代

若い世代は、古い世代が手渡そうとする「重荷」を大人しく受け取るでしょうか?この未来の問いの答えの一つえが、いま地球規模で始まっている若者たちの革命です。

 

「公平さをめぐる世代間の争い」 カール・ワグナー

「これから40年は、遠い未来において、歴史上最も重大な意味を持つ時期のひとつと見なされるだろう。起こりつつある巨大な変化は、すべての人と国に影響を及ぼすが、どんな影響になるかは地域によって異なる。

今後40年間で西洋世界は大規模な変化を経験する。特に2020年代は、世界の人々にとって忘れられない10年となるだろう。

(中略)

今後の40年間で、まず古いパラダイムが崩壊し、それに続いて、そのパラダイムの上に築かれていた様々なシステムが崩壊するだろう。それらのシステムは、天然資源の搾取の上に成り立つ、無駄が多く精神的に未熟な現代文明の支柱となっていた。これらの崩壊は、滑らかでもなければ、穏やかでもなく起こるだろう。

 

新しい信念に基づくシステムがもたらす4つの変化

時代遅れのパラダイムは、多くの人が考えているより早く消えていく。それは必要に迫られてのことであり、もはや地球には、これまで通りのやり方を許す余裕はないのである。したがって、新しい信念に基づくシステムが、迅速に、旧来のものに取って代わるだろう。その主要な変化を以下に例に挙げる。

  1. 消費文化は、永続的な満足をもたらす文化に取って代わられ、幸福感と根源的な喜びが増していく。
  2. ダーウィン理論の核となる、生物は競争と適者生存によって進化したいという考え方は廃れ、より高度な生物は支配によってではなく協力によって進化する、と考えられるようになる。
  3. 文化は互いに近づいていき、異文化間の衝突は終わらないとしても、それは物語の一章に過ぎず、より高いレベルでは、地球社会は発展していくということを、誰もが理解する。
  4. コミュニティに対する新しい考え方が生まれる。それは伝統的なコミュニティの生活と価値観と、より穏やかな個人主義が統合されたものであり、集団で問題を解決することが重視される。

 

権利を奪われた若者たちの戦い

この変化の背後には多くの要因がある。中でも強い力となるのは、権利を奪われた若者たちである。すでに彼らは、両親や祖父母が彼らに手渡そうとするこの地球が、生命維持システムは劣化し、経済は借金だらけで、職はほとんどなく、住宅も手に入らない、ぼろぼろになった惑星だということに気付き始めている。さらに先進国では、今後30年から40年にわたって年金と医療を受けるつもりでいる、増える一方の老人たちの世話まで、彼らは押しつけられるのだ。

 

当然ながら若者たちは、それなりに豊かな生活を送り、家庭を持ちたいと思っている。親世代が残した借金の返済に一生を費やすつもりなどない。この状況は、1848年のヨーロッパの状況と気味が悪いほどよく似ている。当時と同じく、不公平は一種の時限爆弾となる。しかし、今回の状況は、爆発すると、影響はヨーロッパだけでなく世界のあちこに及ぶ。今後の10年から15年の間に、民衆は我慢の限界に達するだろう。正当な暮らしと仕事を求めて戦う若者の姿を、私たちは見ることになる。

(中略)

古いシステムと戦う人々の行動

現行システムから利益を得ている人々はこうした変化に抵抗する。それは、多くの人が予想するより、手強いものになるだろう。彼らは政治的権力を味方につけて、民衆の幸福に寄与しない時代遅れの統治システムを維持しようとする。その結果、摩擦や対立が起きる。まずはヨーロッパで始まり、じきに他の地域へ拡大していくだろう。しかし、そうした緊張が解消される間もなく、多数派の状況は悪化していく。そして相当数の人が我慢の限界を越えた時、急激な変化が起きる。

(中略)

今後、次第に緊張が増し、2020年代にヨーロッパと米国で限界に達し、その後、容赦ない革命が始まると私は予想する。革命を避けることはできない。古いシステムがひとりでに消え去ることはない。それは人々の行動や、ウェブのような新しい要素によって追い出されなくてはならないのだ。この変化は議会での平和的な話し合いを通じて進めることもできるが、そうなる可能性は極めて低いと言える。

 

先進国から始まる地球規模の若者革命

革命は地球規模となるが、最初はヨーロッパ諸国、米国、その他のOECD加盟国(日本含む)で始まる。そうした国々での緊張はすでに高い。それは、旧世代の未来への期待の高さと、職のない若者や高学歴難民の希望のなさが、強烈なコントラストを描いているからだ。その後、少し遅れてラテンアメリカの国々が続き、それから20年くらい後に、経済大国になっているはずの中国などが続く。一方、アフリカは、今後も長年にわたって、まったく異なる難問に立ち向かわなければならず、地球規模の世代間闘争に積極的に関わることはなさそうだ。

21世紀の後半までに、この世代間の闘争は終わり、人類はより公平で持続可能な世界を築く。若者はより幸せになり、年配者はその犠牲となる。

(”Intergenerational War for Equity” by Karl Wagner)

 

 

MAKE2020メンバー募集

この問題について、あなたの答えは見つかっていますか? MAKE2020では様々な未来のテーマに対して、多様なメンバーと意見を交流しながら新しい視点を見つけることができます。

このテーマに関心がある方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページにご登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?