ガートナーが予測する最先端技術の未来「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2014年」

スクリーンショット(2014-11-18 2.34.08 PM)

どんな最先端技術が私たちの未来の生活を変えるのでしょうか?
ガートナーが予測する先進テクノロジのハイプ・サイクルは、私たちに未来技術の訪れを明確に示しています。

 

ガートナーのハイプ・サイクルは2,000を超えるテクノロジを119の分野にグループ化し、その成熟度、ビジネスへの貢献度、今後の方向性に関する情報を分析しています。

それぞれの先進テクノロジが主流になる時期は下記になると予測しています。

 

<2015年〜2017年>
音声認識、インメモリ分析

<2017年〜2020年>
3Dスキャナ、企業向け3Dプリンティング、アクティビティ・ストリーム、ジェスチャ・コントロール、NFC、クラウド・コンピューティング、ハイブリッド・クラウド・コンピューティング、コンテンツ分析、インメモリ・データベース管理システム、データ・サイエンス

<2020年~2025年>
コンシューマー・テレマティクス、仮想世界、モバイル・ヘルス・モニタリング、マシン対マシン・コミュニケーション・サービス、拡張現実、ゲーミフィケーション、ビッグ・データ、複合イベント処理、暗号通貨、コンシューマー3Dプリンティング、ウェアラブル・ユーザー・インターフェース、自然言語による質疑応答、モノのインターネット、音声翻訳、自律走行車、スマート・アドバイザ、プリスクリプティブ分析、バイオチップ、アフェクティブ・コンピューティング、スマートロボット、3Dバイオプリンティング、ソフトウェア定義、自己の量的観測、コネクテッド・ホーム、スマート・ワークスペース、仮想パーソナル・アシスタント、デジタル・セキュリティ

<2026年以降>
ニューロ・ビジネス、立体ホログラフィック・ディスプレイ、量子コンピューティング、ヒューマン・オーグメンテーション、ブレイン・コンピュータ・インターフェース、生体音センサ

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020は未来への夢・ビジョンを持って活動する人を応援します。MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?