神山町が実現したコミュニティ形成による地方創世「未来の働き方を実験する神山プロジェクト」

kami

地方で働きたいと思ったことはありますか?
徳島県の神山に住む人々は、私たち日本人にとっての「未来の働き方」を教えてくれます。

神山は徳島の山奥にある小さな町です。

この田舎にクリエーターや起業家など、奥の若者がなぜ集まるのでしょうか。本書「未来の働き方を実験する神山プロジェクト」は、神山に暮らす人々の生活を詳細に説明しています。

<本書構成>

  1. 新スポットが続々登場
  2. それぞれの再始動
  3. 創造を生む空気の正体

まず、神山は国内外のアーティストを呼ぶ「神山アーティスト・イン・レジデンス」を2000年頃から継続して続けており、クリエイティブな人種が集まり、地域がクリエイティブな文化を許容する下地ができていました。

また、神山がある徳島県は、2000年代半ば以降に県内全域に光ファイバーを整備していました。この恵まれた環境を活かすことでサテライトオフィスとして活用するIT企業の雇用が生まれ、町に店舗や施設を開設する居住者が増える好循環に繋がったといえるでしょう。

 

第1章の「新スポットが続々登場」では下記の36のスポットを紹介しており、現在では神山は県外から様々な人々が集まり活動するコミュニティを形成しています。

  1. 梅星茶屋
  2. 薪パン
  3. カフェ・オニヴァ
  4. 大栗山
  5. えんがわオフィス
  6. Hidden Library
  7. 岳人の森
  8. 岩丸百貨店
  9. コットンフィールド
  10. COCO歯科
  11. たこびん
  12. 空き家
  13. 焼山寺
  14. 寄井座
  15. ブルーベアオフィス
  16. 染昌
  17. キネトスコープ
  18. 雨乞いの滝
  19. 神山町農村環境改善センター
  20. 道の駅「温泉の里神山」
  21. 神山温泉
  22. Sansan神山ラボ
  23. 楽音楽日
  24. なんでも屋
  25. 旧下分育児所
  26. 佐藤金物店
  27. アドプト標識
  28. 栗カフェ
  29. 茶房 松葉庵
  30. 鮎喰川
  31. 予告屋
  32. チーノ
  33. 梅里
  34. 神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス
  35. ドローイングアンドマニュアル
  36. オフナトさん

 

様々な背景を持った人が神山に移住して活動をしていますが、経済的な豊かさ以外の価値を重視する人が多い印象を受けました。これから更に多様な価値観の人々が増えていく中で、自分が何の価値を重視するかを自分に問い直し、自分に合った働き方を主体的に選択することが未来の働き方なのではないでしょうか。

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?