会社員をしながら新しい働き方をつくる「サラリーマンの逆襲」#twdw2014

p_salaryman

サラリーマンだからこそ、できることは何でしょうか?
組織に属しながら社会をシフトさせる方法を共有するカンファレンスが行われました。

 

未来の働き方をつくる祭典「Tokyo Work Design Week(以下:TWDW)」で、サラリーマンの新しい働き方を考えるプログラムが2014年11月22日に開催されました。

<出演者>

  • 小杉 俊哉さん(THS経営組織研究所代表社員/慶應義塾大学SFC研究所上席所員 )
  • 高橋 大就さん(オイシックス株式会社 執行役員 海外事業部長 )
  • 刈内 一博さん(野村不動産株式会社/新宿360°大学)
  • 羽渕 彰博さん(株式会社パソナテック ハッカソン芸人)

 

0

羽渕:今回モデレータをつとめる羽渕です。話題の書籍『起業家のように企業で働く』の著者の小杉さん、オイシックスの執行役員・海外事業部長の高橋さん、野村不動産の刈内さんとのディスカッションを通じて、組織に属しながら社会をシフトさせていく可能性について触れていきます。

 

組織という箱にこだわらず、実践者になる事が重要

1
高橋:私からは働き方の分類を紹介します。まず組織と個人、そして組織の中でも非営利と営利で分けることができます。今日は大企業の中の「イントレプレナー(社内起業家)」の話が中心になると思います。でも今や、どこか一つの組織の箱に収まって働く必要はなくなってきています。

私を例に出すと、最初は外務省で<官公庁>の仕事をしていましたが、日本経済が衰退している問題に危機感を感じて<専門ファーム>のマッキンゼーに移りました。その後、東日本大震災が起こり優先順位の考え方が変わって東北を支援する<NPO>をつくりました。そして<ベンチャー>のオイシックスでも働くようになり、オイシックス自身も<ベンチャー>から<大企業>に変化しています。

 

2

これからは、先ほどまで説明していた組織という縦の分類よりも、「やるのか、やらないのか」という横の分類が重要になります。あなたは「実践者」「評論家」「傍観者」のどれになりますか、ということです。「評論家」「傍観者」は多いですが、「実践者」になって実際に行動する人は少ないです。

企業の中で働く人も「会社=仕える」ものから「会社=使える」ものだと考えを切り替え、行動する実践者になりましょう。

 

 

起業家精神を持ち、起業家のように企業で働く

3
小杉:高橋さんもですが、私も<大企業><外資系企業><個人事業主><ベンチャー>など、いくつかの異なるキャリアを歩んできています。挑戦がしやすい30代に、多方面にキャリアを大きく振ることは重要になると思います。

先日『起業家のように企業で働く」という本を出版して反響をいただいています。これは会社員も「起業家精神」をもって働くことを説いています。起業は、普通のビジネス・パーソンは手を出さない方がいいのではないでしょうか。特に、人に言われてどうしようかを考えるような人はやらない方がいいです。「起業家」になるような人は周囲が反対してもやりますから。

起業家のように企業で働くには、「会社でやる意味」を常に意識する必要があります。一人当たりの売上高で考えても、自分の給与〜その2倍程度の貢献ではダメで、個人で稼げる程度ではそこでやる経済的合理性がない訳で、企業という集団組織を使って何倍どころか、何十倍、何百倍を稼ぎ出せるはずなのです。

そして会社員は「会社のブランド、金、人、その他リソース」を利用して自分のやりたいことができます。その恵まれた環境にいるチャンスを活かすかどうかは個人にかかっています。

 

実体験から生まれたイントレプレナーの5つの心得

4
刈内:「今の子どもたちの65%は、今ない仕事に就くだろう」と言われています。つまり、今ある仕事に残れる人は35%しかいません。そこでサラリーマンでありながら、新しい仕事を生み出す「イントレプレナー」が重要になります。

私も会社員でありながら、都市と農村をつなぐ「かやぶきの里プロジェクト」を始めました。マンションのオーナー様に、農村での里山体験のイベントを提供しています。2013年のグッドデザイン賞・ベスト100にも選ばれています。

私の実体験を通じて、イントレプレナーとしての5つの心得は下記になります。

  1. 会社リソース(お金、人、ノウハウ、信頼)を活用して活動にレベレッジを効かす
  2. 自分がやりたいこと、会社が求められること、社会が求めること、の公約数からテーマを決める
  3. タスクがダメなら他部署でやる。他部署でダメならスカンクワーク(課外活動)でやる。それでもダメならプライベートでやってみる
  4. 「手続き決裁」がダメなときは、まず「空気決裁」をとりにいく
  5. 出逢い、学び、アイデアは、それだけでは価値を生まない

 

やるべきこと、もっとやれること、やりたいこと

IMG_20141122_160217

会場質問:やはり30代のうちに多様なキャリアを経験した方がいいのでしょうか?

小杉:新卒入社後に一つの部署で同じ事をずっとやるよりも、社内でも社外でも、新しい視点・経験を身につけるために違うキャリアをつくるのは良い選択になると思います。

組織の中で「やるべきこと=Must(役割)」だけをするのではなく、「もっとやれること=Can(役割を超える)」「やりたいこと、やってみたいこと=Will/Want to(制約がなければ、可能なら)」に挑戦することが重要ですね。

 

羽渕:最後に皆さんにメッセージをいただけますか?

高橋:やりたいことをやる、ということが重要だと思います。東日本大震災を経験して感じましたが、私たちには「やりたくないことをやってる暇はない」のではないでしょうか。

刈内:インタープレナーの心得でも紹介しましたが「出逢い、学び、アイデアは、それだけでは価値を生まない」ものです。行動することでこそ、価値は生まれます。

小杉:自分の興味・関心にフタをしないで、色々なものに手を出してみることが大事だと思います。やはり行動してみることが大事です。

 

レポーターから一言

レポーター_児島日本の多くの会社員の方が、新しい働き方に高い関心を抱いていると思います。今回のカンファレンスでは会社員でいながら起業家のように働く「イントレプレナー」という新しい働き方のあり方を中心に紹介していました。

出演者の皆さんは共通して「行動」することの重要性を説明しています。イントレプレナーとして多くのルールがある会社の中で「行動」して生み出した経験や価値は、他の組織でも通用する「活きる力」になることは間違いありません。

会社員が持つ機会を最大限活用して「行動」に繋げることが、私たちが新しい働き方をつくる、最も身近で重要な第一歩になることでしょう。

 

「未来の働き方をつくる」メンバー募集

「未来の働き方をつくる」活動にご興味ある方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?