モジュール型ワーキングという未来の働き方を実践できる「社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方」

地球儀

今の会社以外にも働き口を見つけませんか?
私たちには「モジュール型ワーキング」という未来の働き方の選択肢もあります。

 

多摩美術大学教授でクリエイティブコンサルタントでもある佐藤達郎さんが著書の「社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方」では、私たちの未来の働き方について明確に示しています。

<本書構成>

  1. このまま働き続けて、果たして幸福だろうか?
  2. 幸福な職業人生をつくりだす「モジュール型ワーキング」
  3. 彼ら彼女らはどう働いているのか?
  4. 幸せに働くために

 

本書では冒頭に「このまま年を重ねて幸せになれるほど、現実は甘くない」「あなたの努力でなんとかなるほど、組織は甘くない」「私たちの職業人生は組織に奪われている」と単一組織のみに頼って働く生き方を痛切に否定しています。

その代わりとして会社員・フリーといった職業形態にとらわれない、「モジュール型ワーキング」を推奨しています。「モジュール型ワーキング」とは、働く内容と収入を複数の「モジュール(働き口)」に分けて、その組み合わせで新しい職業人生を築いていく働き方です。

 

本書ではモジュール型ワーキングを実践している人々の実例も紹介しつつ、モジュール型ワーキングの下記4タイプの実践方法をワークシートを使って計画することができます。

  • 専門性追求拡張タイプ
  • 本業キープ拡散タイプ
  • 憧れ中心下支えタイプ
  • テーマ中心雑食タイプ

さらに筆者は、メインとサブの複数のコミュニティを持つことを推奨しています。

これまでは多くの日本人がメインで所属していたコミュニティは「会社」でしたが、未来の働き方においては「家族」「地域」「学生時代の友人」「趣味」「モジュールA」「モジュールB」など複数のコミュニティを持ち、自分にとって快適な環境をつくることが今後さらに重要になっていくでしょう。

 

MAKE2020メンバー募集

MAKE2020の取り組みに共感いただける方は、下記の「グループページを見る」ボタンを押してグループページへ登録ください。最新の活動情報をお届けします。

グループページを見る

 

また、FacebookやTwitterなどでのシェアしていただくことも、活動の大きな支援になります。ご支援のほど、宜しく御願いします!

お問い合わせ

・取材希望
・運営スタッフ希望
・スポンサー提携相談
・その他お問い合わせ など

お気軽にご連絡ください。

Sending

©2014 MAKE2020

Forgot your details?